保育士の仕事と資格の情報サイト!保育士の資格と仕事内容をわかりやすく紹介しています。

保育士になるには



       保育士をこれから目指す人へ

       保育士の仕事の内容がわかる!

       保育士に必要な資格内容がわかる!
 保育士になるには

保育士になるための情報満載!資格も仕事も手に入れる!

 保育士になるには

 TOP
Contents Menu
保育の仕事は、社会的にニーズが高く働く

場所も多様化しています。


出産後も仕事を続ける女性が増え、

ベビーシッターや家庭福祉員として

活躍する人も少なくなく、大変人気の

ある仕事です。

スポンサードリンク

保育士の資格を持っていれば仕事に困る事はない!?

保育士の資格は、保育園の先生ほか、幼児、乳幼児の保育に関わる

仕事に必要な資格です。



男女共通の資格名称として、99年に「
保育士」に統一されました。

自治体の保育所やホテルの劇場のベビールーム

(一時預かり)などの増加とともに、ニーズが高まり、

どこでも有資格者は不足気味といいます。

そこでまず、保育士の資格をとるには厚生労働省指定の養成所(短大、

専門学校などに開設されている場合が多い)で、指定科目を履修、卒業する

方法と、各都道府県で実施する保育士の試験(3年間で8科目に合格する)

を受ける方法の2つがあります。



また、大学、短大で指定科目の履修がない、または、大学、短大を卒業して

いなくても、児童福祉施設での実務経験があれば受験は可能です。
保育士の仕事に就くまで
高校卒業

  ●大学に2年以上在学し、62単位以上修得

  ●短大、高等専門学校を7卒業

  ●児童福祉施設で実務(2年以上を経験)

「保育士」の国家試験を受験・合格

保育士登録簿に登録し「保育士」の資格を取得

  ●保育所、児童福祉施設などに就職

  ●ベビーシッター、家庭福祉員(保育ママ)
   などとして働く

   【スクールで学ぶ】
 保育士を目指すなら、指定保育士

 養成施設の学校を卒業するのが

 近道です。

 学校の選び方のポイントは、当然

 通えることが条件となりますが、もう

 一つ考えておきたいのが就職斡旋。

いくつかの学校から選べる場合は資料を取り寄せた上で就職実績や就職支援

体制が充実しているかどうかは必ずチェック!

>>保育士を目指せる全国おすすめスクール一覧


   【通信講座で学ぶ】
 通信教育の場合、卒業

 (受講終了)と同時に保育士資格

 が取得できるものと、保育士試験

 合格を目指す対策講座があります。

 これに関しては、よく見極めた上で

 選択することが大切です。

卒業すると同時に保育士資格が取得できる講座に関してはスクーリングなどの

授業を設けているところもありますので資料を取り寄せたらカリキュラムは

十分チェックしましょう。


>>保育関連のおすすめ通信教育・通信講座一覧
スポンサードリンク

保育士の基礎知識

  保育士とは

  保育士ってどんな仕事なの

  保育士のニーズ

  保育士の現状

  保育士の今後

保育士の給料について

  保育士の給料は

  保育士の初任給は

  保育士の年収は

保育士としての適性

  保育士に向いている人

  保育士に求められる能力

保育士になるには

  どうすれば保育士になれる

  最短で保育士になるには

  保育士の魅力とは

保育士の仕事内容

  保育士の仕事内容

  保育士の勤務時間

保育士の資格について

  保育士の資格について

  保育士の資格取得方法

資格を取得するには

  保育士の資格を取得するには

試験について

  保育士試験の試験科目について

  合格率・合格ラインは

Information

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

 スポンサードリンク

 
時給の高い仕事